日めくり一言-101-ざまあみろ|養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

日めくり一言-101-ざまあみろ|養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

 

『ざまあみろ』

 

陰感情が動きはじめると

今まで抑えてた感情が

一気に吹き出てきて

 

「あいつにギャフンと言わせてやりたい」

「復讐してやりたい」

「こらしめてやりたい」

 

という

強い怒りの感情に

支配されてしまう時がある

 

 

 

その怒りの感情は全然OKだし、

むしろ

すごいウェルカムなんだけど、

 

問題なのは

【その感情が行動に乗っかってしまうこと】

 

 

 

 

行動が感情に支配されてしまうことは

とても危険で

よからぬ出来事を生み出してしまいがち

 

 

 

だから

そんな時は

一呼吸おいて

思い出してほしいの

 

 

【あとで必ず “ざまあみろ” って言える時はくる】

ってことを

 

 

しかも、

その機会は

あなたの予想をはるかに超えたカタチで

何度も訪れてくれるよ

 

 

だから

あなたは安心して

冷静に

「そのまま返す」と

「自分の幸せを守る」を

コツコツやってればいいんだよ

 

 

「今は屈辱に耐える時!」

ではなく、

「楽しみはあとに取っておこー♥」

って感覚でね!

 

 

生理不順 原因 対処 安斎衣南

 

 


安斎衣南 プロフィール 】

生理整頓トレーナー
女性のためのケアサロン天使のほっぺ 代表
日本子宮温浴協会 理事
LPW脱毛協会 理事
陰捨離システム 創始者

サイコパシーの高い家庭に育ったことで、その常識や習慣、文化等を無意識に引き継いだことにより人間関係、社会生活に苦しみ、「あなたのために」と都合のよい話に翻ろうされ続けたが、ささいなことで臨月に実家から追い出される等を経て、サイコパスな実親と絶縁。 一児の母となる。

また再婚後は、サイコパスな義親族からの職場への嫌がらせや両家親族を巻き込んだ嫌がらせ等の精神的圧力で流産を経験。

不妊、生理不順、不正出血、PMS、PMDD、過呼吸、顔面麻痺、円形脱毛、突発性難聴、不眠、パニック、摂食障害、対人恐怖、自殺願望に悩むが夫婦二人三脚で克服し、義親族とも絶縁する。

その後、ボランティア先の乳児園で養育里親を知り、夫婦で里親研修に参加。

自身の経験から僧侶でもある夫のサポートのもと「生理の乱れと精神的圧力や生い立ちとの関係性」を探求し、心理的アプローチにより生理の乱れを整える独自メソッド「陰捨離」「子宮温浴」等を考案。

『生理整頓』をスローガンに掲げ、1500名以上のカウンセリングを行い、各種講座もスタート。

夫婦の絆ができた、不妊治療を乗り越えられた、養子縁組への勇気が持てた、自然妊娠したなど「生理だけでなく人生が整う女性のためのケアサロン」として全国に顧客を広げる。


安斎圭秋 プロフィール 】

真言宗 僧侶
サイコパス親族・コンサルタント、カウンセラー

サイコパス親族・カウンセリング協会 理事長
日本子宮温浴協会 理事長
LPW脱毛協会 理事長
コナトゥス共鳴干渉理論 創始者
コナトゥス・カウンセリング 創始者

実両親からは常に罵声を浴びせられ、実兄からは幼少時より床に頭を叩き付けられていた等「家族のストレスのはけ口」「自分が標的にならないためのイケニエ」として怯えながら育つ。

5歳にしてストレス性血尿に始まり、サイコパシーの高い親兄弟により形成された常識や習慣、文化等を無意識に引き継いだことにより人間関係、社会生活に苦しみ、自殺未遂。

サイコパスな兄嫁が加わったことで陰湿な攻撃が加速し、人間関係の破壊等を受け続け、うつ、離婚、会社員リタイヤを経験。

「このままでは生きていかれない」と、サイコパス親族に囲まれて育ったことで染み付いた生き方、考え方、常識や習慣、文化等を徹底的に洗い流すべく壮絶な仏教の修行に励み、高野山他にて修行、得度。

立ち直り、再婚した後もサイコパス親族との新たな関わり方を模索したが、その後も刷り込みによる初婚時の実子との断絶、両家親族を巻き込んだ嫌がらせ等サイコパス親族からの干渉や攻撃を受け続け、妻が流産、不妊、生理不順、PMS、PMDD、過呼吸、顔面麻痺、円形脱毛、パニック、摂食障害、対人恐怖等に苦しむ。

多大な時間と費用を投じてサイコパスな実親や親族の悪事を徹底的に調べ上げ、対決も検討するが絶縁を選ぶ。、同じく義両親、親族とも絶縁。

これら苦境を夫婦二人三脚で克服する。

同じようにサイコパシーの高い家庭環境に生まれ育つことで無意識に引き継いだ生き方、考え方、常識や習慣等により社会生活を苦しんで人たちをセラピスト、コンサルタントとしてサポート。

サイコパシーの高い家庭環境に生まれ育ったことがどのようにビジネスを含めた社会生活に影響を与え、いかに乗り越えるかについて研究を重ね【コナトゥス共鳴・干渉理論】を考案、全国で3千件以上のカウンセリング、コンサルティングを行う。

安斎衣南と共に【夫婦カウンセリング】も行っている。

 


養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋


養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

 

 

:..。o○☆゚・:,。:..。o○☆
○☆ お客様の声
:..。o○☆゚・:,。:..。o○☆

お客様へのインタビューをもとに、お客様の体験をまとめました。
ご本人様から掲載の許可を頂いています。
感想等には個人差があることを承知の上ご覧下さい。
また原文は長い文章が多い為、割愛をさせて頂いています。
【文章は個人情報保護等の理由で一部修正を加えてあります】

血のつながり|養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

(横浜 30代 陰捨離ワーク・夫婦カウンセリング・子宮温浴)

夫婦カウンセリングをはじめたきっかけは?
不妊治療を頑張ってきましたが子宝に恵まれず悩んでいました。仕事先の同僚から親族に養育里親養子縁組をした人がいると聞き、条件などについて調べていた時に安斎ご夫妻の体験談を見つけました。ずっと気になっていたけれど、なかなか一歩を踏み出す勇気が持てずに何度もホームページを読み返してはどうしようかと悩んでいました。そんな時に養育里親のパンフレットを見つけた夫からの強い希望で児童相談所に行って養育里親についての話を聞きにいきました。私としては「血のつながらない子供を育てられるのか」という疑問と共に、児相の方たちの対応などに不信感を不快感を覚え、あまり乗り気ではありませんでした。しかし、夫はどうしても自分の子供が欲しいと譲らず、夫婦仲もぎくしゃくしていきました。食事ものどを通らず、家事もできなくなってしまい「もう消えてしまいたい」と限界を感じた時に安斎先生ご夫婦のことを思い出し、藁をもすがる思いで申し込みました。
★ その後、日常に変化はありましたか?
「なぜ私たちはここまで子供に執着しているのか」を知ることができたことで漠然とした不安やモヤモヤした感情がなくなって具体的にどうしたらいいかを話し合えるようになりました。夫と2人だとどうしても感情的になってしまったり、本音を言えなかったりするところを安斎先生ご夫婦を交えることで冷静に本音で話し合うことができたことは本当に良かったと感じています。特に夫の本音を聞けたこと。認知症のお義母さんの症状がすすんでしまう前に孫を抱かせてあげたい、孫の顔を見せてあげたいと思って焦っていた思いを聞いて、ただ単純に自分勝手な理由で子供子供言ってたわけじゃなかったことを知ることができて夫への不信感がなくなりました。「私ばかり辛い思いをしている」と感じはじめていたのですが、夫も夫で悩み苦しんでいたこと、私の体への影響を考えて不妊治療を続けるのではなく特別養子縁組を考え始めたこと、夫も本当は血のつながらない子供を育てることについて不安でいっぱいだったことなどを知って夫の優しさに涙が溢れました。夫との信頼関係ができ、本音で話し合える環境が整った今なら長い養育里親の里親研修も二人で乗り越えていけそうな気がしています。
★ 大変だったこと、困ったことはありましたか?
自分の陰感情と向き合った時「私はいい母親になれない」と無意識に感じていることに気づき、衝撃を受けました。昔からいつも優柔不断で自分で決められない自分が嫌で嫌で仕方なかったけれど、小さい頃から母親から褒められたこともなく「あんたは何をやらせてもダメ」と言われ続けてきたこと、失敗すると冷たい表情で私を睨み付け「お母さんの言うことを聞かないからそうなるのよ」と捨て台詞を吐かれていた記憶が出てきてとても苦しかったです。でも、衣南さんがどんな時でもしっかり対応してくれたおかげで安心してその陰感情から逃げずに向き合うことができました。私は心の底で、私もいつかあんな母親になってしまうんじゃないかと怖かった。だから赤ちゃんが欲しいと思っていたけれどその反面、恐怖だった。それが不妊治療を何倍も苦痛にしていたんだと気付くことができました。とても苦しかったけれど、他人任せにせずに自分で乗り越えることができたことで自分を好きになることができました。
★ これからはじめる方へメッセージ
あの時の私は自分ではもうどうすることもできなくなり安斎ご夫婦に救いを求めました。その結果、自分が今までの人生で逃げてきたさまざまな問題に向き合うことになりました。夫婦のこと、両親とのこと、とても大変だったけれどそれを乗り越えた今、やっと、母親になる覚悟ができた気がします。あのままグラグラの自分や夫婦関係で子供が授かっていたらその方が不幸だったのではないかと今は思えます。神様は私の準備ができるのを待っていてくれたのかもしれません。圭秋さん、衣南さんに出会えたことに心から感謝しています。

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

孫を早く|養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

(東京 30代 陰捨離ワーク・夫婦カウンセリング・子宮温浴)

夫婦カウンセリングをはじめたきっかけは?
結婚して8年目になり一時期は止んでいた両親からの「孫は?」のプレッシャーが再びはじまり、いい加減そろそろ子供をつくらないと…と軽い気持ちで妊活をはじめました。子供なんて作ろうと思えばいつでもできると思っていたのに、しばらくタイミングで頑張っていましたがなかなかできず焦っていました。「不妊」なんて言葉は他人事だと思っていたのにまさか私が?と絶望した気持ちと「もっと早く作っておけばよかった」という後悔の気持ちで自分を責めてばかりいました。情緒が不安定な日も多くなり、夫にも辛く当たってしまうことも増えて夫婦仲も悪くなっていました。不妊治療をするなら早い方がいいと思っても、今の夫婦仲ではとても無理だなと感じて将来に対する不安も出てきていました。そして、養子縁組養育里親について考えたり、養子縁組養育里親条件等について調べたりもするようになっていました。そんな時、ネットでいろいろ調べていた時に天使のほっぺさんのホームページを見つけ、衣南さんの強いメッセージを読んで一度お話ししてみたいと感じ最初は子宮温浴に申し込みました。
★ その後、日常に変化はありましたか?
夫婦カウンセリングを受けたことで、自分では自覚のなかった「親からのコントロール」に気づくことができてすっきりしました。今まで私は両親から「あんたには好きな事を自由にやらせてきた」と言われてきたこともあり、私はわがまま。私は好き勝手に生きてきた。と感じていたけれど、全然そうではなかった。親を喜ばせるような選択、親の機嫌を損ねないように無意識に行動していたこと、そしてそれを夫にも強要していたこと。 長い間夫とはケンカもしなかったし仲良し夫婦なんだと思っていたけど、本当は仕事に打ち込むことで問題を見ないようにしてただけ。見て見ぬふりしてきた小さなことの積み重ねが妊活を通して浮き彫りになっただけでした。
圭秋さんのお話を聞けたことで、夫が今までどれだけ私と私の両親に気を使っていたか、悩んでいたかに気づくことができて本当に良かったです。あのまま夫を誤解して「夫は妊活に非協力的!」と決めつけて怒りを向け続けていたら、間違いなく離婚になっていたと思います。
★ 大変だったこと、困ったことはありましたか?
親の問題を受け入れるのが大変でした。自分では親とは距離を置いているつもり、自分とは切り離して考えてるつもりだったけれど、こんなにも自分の人生に影響しているんだということを目の当たりにして怖くなりました。
また、衣南さんや圭秋さんのお話を聞いて、実は私だけではなく夫も苦しんでいたことに気づき、しばらくショックで立ち直れませんでした。しかしそのことについて衣南さんが「赤ちゃんがくる前に気づけて良かったじゃん!」と明るく言ってくれたことでとても救われました。赤ちゃんを焦る気持ちはあるけれど、今は夫との信頼関係を作っていくことを最優先に考えられるようになり、前のように顔を合わせればケンカすることもなくなりました。今は休みの日に二人で映画を観に行ったり、先月は初めて夫の趣味の釣りに一緒に連れてってもらいました。現在、2人でペットを飼うことを話し合っていますが犬を飼いたい夫と安斎先生たちのようにウサギを飼いたい私とで意見が分かれています(笑)天使のほっぺに出会う前の私達から考えると、こんな風に2人で笑いあえるようになったことが奇跡に近いと振り返ってみて感じます。
★ これからはじめる方へメッセージ
私にとって安斎ご夫婦はカウンセラーの先生というより、何でも話せる家族というか親戚というか不思議な感覚です。親にも兄弟にも友達にも話せないようなことも自然と話せてしまうんですね。お二人の声を聴いただけで、顔を見ただけで「私は大丈夫」と安心できます。最初お会いした時は、座卓に座布団の部屋で「ここでカウンセリング!?」と驚きましたが、今は実家に帰るような気持ちになっています。あのまま養子縁組養育里親条件等について調べたりして突っ走っていたらどうなっていただろうと考えると恐ろしくなります。私にとって心の拠り所ができたことが一番嬉しいことだと感じています。

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

夫のために子供を|養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

(静岡 30代 陰捨離ワーク・夫婦カウンセリング・子宮温浴)

夫婦カウンセリングをはじめたきっかけは?
不妊治療でも子供が授からず心も体もボロボロでした。でも、長い時間とお金をかけたこともありなかなかあきらめることができずに悩んでいた時、病院でも養育里親の話を聞いたりして夫婦で養子縁組条件などを調べていました。その中で安斎衣南さんを見つけ、経歴などをみて「この人ならなにかヒントをくれるかもしれない」と感じて会いに行くことを決めました。
★ その後、日常に変化はありましたか?
夫に自分の気持ちを素直に話せるようになり、本当に楽になりました。今までどんなに辛くても苦しくても夫に心配をかけないようにと笑顔でいるように心がけていました。結婚前から「息子とキャッチボールをしたい」と言っていた夫の夢をなんとか叶えてあげたい。私のせいで夫の夢を壊すなんて…と罪悪感と申し訳なさでいっぱいいっぱいでした。不妊治療は体もきついし、毎回生理が来るたびに「またダメか…」と絶望を感じ精神的にもとても苦痛でした。でも私が悪いんだから私がつらいなんて言ってはいけないとずっと思ってガマンしていました。それに加えて実の両親や義両親からの「孫はまだか?」というプレッシャーもあって本当はもうすべて投げ出してどこかへ行ってしまいたい気持ちでした。今までカウンセリングというものを受けたことはなかったのですが、この夫婦カウンセリングを受けて、生まれてはじめてそんな自分の正直な気持ちを他人に話せたことで、自分で自分の本当の気持ちに気づくことができました。私は性格的に人に相談したりできないタイプなので、同じような経験をしている衣南さんと話せたことで「私だけじゃない」「私はひとりじゃない」と思えたことはとても大きかったです。感情が一気に溢れて涙が止まらなくなった私に衣南さんが「これ以上悪くなることは無いから安心していいよ」とまっすぐ私の目を見て言ってくれたことが本当に心強かったです。また、圭秋さんと話せたことで夫側の意見や正直な気持ちを聞くことができたことで、私がガマンしたり自分を犠牲にすることは結局あとで夫を悲しませることになるということを知り、ただ黙って耐えるのではなく、夫と共有すること。夫婦で一緒に悩んだり、愚痴ったり、弱音を吐きあったりすることで夫婦の信頼関係や絆ができていくんだということを学ぶことができて一歩を踏み出す勇気が持てました。
★ 大変だったこと、困ったことはありましたか?
焦る気持ちやイライラを対処するのが大変でした。最初は自分の陰感情や夫婦としてあり方を見直す必要性を感じてはいるものの、早く何とかしたい、早く結果を出したいという気持ちが強く、焦ってイライラしてしまい気持ちが空回りすることが多かったです。でも、そんな時は衣南さんや圭秋さんに相談して具体的にどうしたらいいかを示してもらうことができたので少しずつ克服していくことができました。最初は「こんなことで本当によくなるの?」と思うことばかりで半信半疑だったのですが、小さい決断、小さい問題を確実にこなしていくことで少しずつ自分に自信がついて、自然と夫に自分の気持ちを話せるようになっていきました。今はお二人を信じてあきらめずに頑張りぬいた自分を誇りに思います。
★ これからはじめる方へメッセージ
今回私が強く感じたのは、夫婦の問題は同じような悩みを乗り越えた先輩夫婦に聞くのが一番だということです。
 特に不妊系のデリケートな問題はどこへ行っても腫物をさわるように扱われてしまうので、安斎ご夫婦のように本音で向き合ってくれるところは他にはないと思います。実際に経験され乗り越えてこられたお二人からの言葉やアドバイスはひとつひとつがとても心に響きました。おかげさまで私の中にある漠然とした不安も消えて、夫とふたりでこれからも頑張っていけそうです。本当にありがとうございました。

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

冷蔵庫が小さい|養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

(神奈川 40代 陰捨離ワーク・夫婦カウンセリング・子宮温浴)

夫婦カウンセリングをはじめたきっかけは?
夫とは普段から会話もなく子供の前だけの仮面夫婦状態でしたが大きな問題なければいいやと半分あきらめていました。しかし、ある日仕事から帰ってきた夫から「俺の給料が安くて悪かったな!」といきなり怒られ、なにが起きたのかよく分からずしばらくの間途方に暮れていました。「もう離婚するしかないのかな」と悩んでいましたが相談できる人が誰もいなかったので子宮温浴でいつもお世話になっている衣南さんのところでカウンセリングをしてもらうことにしました。-
★ その後、日常に変化はありましたか?
今は夫と普通に会話ができるようになりました。今までお互いよそよそしかったのですが原因が分かったことで気になることはちゃんと話をするようになりました。圭秋さんにカウンセリングしていただいたことではじめて、夫として…という視点を持つことができました。夫を感情的に見るのではなく冷静に見て判断することができるようになり、『口を開けばケンカになる。だからお互い何も話さない』という負のループから抜け出すきっかけができました。夫が今まで私のためにガマンしていたなんて全く考えていなかったので夫に対して「そんなに家が嫌なら帰ってこなければいいのに」と思っていた自分を深く反省しました。また今回の件で、夫との和解や協力が得られただけでも十分だったのですが、夫側の兄嫁のウソや裏工作が露呈し親族中に明らかになったので私の立場が一転したことも嬉しい成果でした。私だけでなく、うちの子供たちも卑屈な思いを背負って生きていかなくてすんだと思うとこの夫婦カウンセリングを頑張って良かったなとつくづく思います。
★ 大変だったこと、困ったことはありましたか?
今までめんどくさそうだから波風立てず、つかず離れずでつきあってきた親族間のゴタゴタが浮かび上がってきた時には逃げたくなりました。いつも突然うちに来ては自慢話や義母義父の悪口を言って帰る兄嫁にうんざりしていましたが、近所に住んでいるし、親族だし、邪険にはできないし、ずるずるやり過ごしていました。

毎回恩着せがましくお菓子や食品などを大量に持ってくるので「うちは冷蔵庫小さいので…」と断っていたことが、私が兄嫁に「夫の給料が安くて冷蔵庫を買うお金もない」とグチっていたと義両親に伝えられていたこと。また、うちにある物や話した内容をもとにウソの作り話を親族中に流されていた事実を知り、ショックでしばらく寝込みました。でも今回この問題から逃げなかったことで、生まれて初めて「私もやればできる!」と自分に対する自信と信頼が持てました。夫と腹を割って話し合ったことで、今まで夫が兄嫁や兄嫁のウソを信じていた義両親から私の悪口を聞かされて続けていたことで私に不信感を抱いていたこと。私に怒鳴ったあの日も仕事で疲れているのに義母から呼び出されて「あんたの嫁をどうにかしろ!」とさんざん説教をされた上に兄嫁からも「Sさん(私)から冷蔵庫を買うお金がないって泣きつかれた」と聞いて、いいかげん頭にきてつい怒鳴ってしまったことを知り、夫も夫で大変だったんだなと感じて夫への怒りもなくなりました。
★ これからはじめる方へメッセージ
私はこの夫婦カウンセリングの中で、「母として家族を守る」というのは実際どうやるのかをお二人から学ばせて頂いたと感じています。今まで私は、母親として子供たちにはもっと習い事をさせてあげたい、もっといい学校に行かせてあげたい、もっといいものを食べさせてあげたい、もっと旅行に連れてってあげたい…そんなことばかり感じて焦っていました。でも、そんなことよりももっと大切なことは、私が問題から逃げないこと、泣き寝入りしないこと、悪いことは素直に謝ること、腹を割って話すこと、そういう私の背中を見せることの方が重要なんだということに気づくことができました。バラバラになりかけた家族を私はちゃんと守ることができた。そう思えることが今の私の誇りです。これからはどんなことがあっても夫と一緒に乗り越えていけそうです。

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

養育里親養子縁組も検討しましたが|養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

(東京 30代 陰捨離ワーク・子宮温浴セラピスト・子宮温浴)

結婚してからしばらく経っていましたが、そろそろ妊活に入ろうと思い、妊活と同時進行しても大丈夫なように、ずっと続けてきた美容系のお仕事を自宅で続けながら起業しようと色々頑張ってきました。しかし、妊活も起業もなかなかうまくいかず、それが原因かどうかわかりませんでしたが生理不順がひどくなり、常に体調も悪く進めなくなってしまいました。
産婦人科を受診して検査などをしましたが、特に不妊になるような原因は見つからず、それからは子宮によいものはたくさん試してみました。しかし、どれも一進一退で良くなっているのかそうでないのかわからない状況でした。また、体外受精なども試みてみましたがなぜか授からず、とてもネガティブになって養子縁組養育里親などの条件についても調べるようになっていました。
そんな中で子宮温浴と出会い、生理整頓カウンセリングなどを重ねるたびに、育った家庭環境や生い立ちなどが授からない原因になっていると直感的に感じるようになりました。
それからというもの養子縁組養育里親ついて調べたりするのを止め、陰捨離について積極的に学び、向き合い、子宮温浴セラピストとして活動するようになりました。
何人かのクライアントさんと出会い、それらの方と一生懸命に向き合っていたら、気がつくと私自身の子宮の不調はなくなっていたのです。本当に驚きました。
やはり精神的な原因が生理不順という形で身体に現れ、自分の身も心も蝕んでいたのだといま実感しています。
本当にありがとうございます!

養子縁組 条件 養育里親 安斎衣南 安斎圭秋

このページの先頭へ